【FileMaker】ExecuteSQL関数の使い方(4)

2018/12/6

4.テーブルの計算式だけで検索して使う

これって、テーブルの計算項目に設定できることに気が付きました。

その結果、スクリプトなしで検索・保存ができました。

※JSONFormatElements関数は「読みやすい形に書式設定にする」関数です。とくになにもしていません。

ExecuteSQLのカスタム関数とJSON関数でテール設計する。

メリット

  • スクリプトがいらない
  • オカレンスは必要だがリレーションはいらない

【ポイント】テーブル名と項目名を変えたとき

  • 変更したテーブルのJSON項目などの変更が必要
  • カスタム関数の変更が必要

速度について

  • レイアウトの切り替えが発生しないので早い
  • 検索速度は未計測です。インデックスが貼ってあれば、体感的には速度はかわりません

【課題】

  • 日本語項目の対応がバックスラッシュ(円記号)が必要
  • 繰り返し項目の書き方がちょっと違う

があります。詳しくは(5.日本語対応と繰り返し対応)で紹介します。


目次

【FileMaker】ExecuteSQL関数の使い方

  1. ExecuteSQL関数を使ってみる
  2. ExecuteSQL関数をカスタム関数にして使う
  3. ExecuteSQL関数をレコードデータをまとめて持ってくる
  4. テーブルの計算式だけで検索して使う
  5. 日本語対応と繰り返し対応