車両整備管理ソフト~ファイルメーカーベースの多機能・拡張型パッケージ~

■在宅勤務(テレワーク)対応

 FileMakerパッケージはクラウド・インターネット接続が可能です。
 インターネットが接続できれば、会社と同じシステムが自宅や外出先でノートパソコン・IPADで接続することができます。
 そのため、在宅勤務(テレワーク)でもご利用が可能です。

■クラウド・インターネット接続対応

サーバ提供

 FileMaker serverはクラウド提供やLinux版の提供などいろいろな形でクラウド対応が可能になってきました。
  • FileMaker Cloud for AWS
  • Claris FileMaker Cloud
  • Claris FileMaker Server for Linux
  • FileMaker VPN連携
お客様の環境や費用に合わせて最適なクラウドを提供します。

クライアント環境

 FileMaker clientは下記のclient環境で接続することができます。
  • Windows
    Windows 8.1 Standard および Windows 8.1 Pro Edition (64 ビットのみ)
    Windows 10 Enterprise および Windows 10 Pro Edition (64 ビットのみ)
  • Mac
    macOS Big Sur 11.0 (FileMaker Pro 19.1.3 minimum)
    macOS Catalina 10.15
    macOS Mojave 10.14
  • iPad
    iPad OS 13.2 以上
  • iPhone
    iOS 13.2 以上
※iPhoneが画面サイズは小さいので見づらいです。Windows、Mac、iPadの運用を推奨しています。

■製品の特長

 この製品は中規模の車検整備業向けに特化した、車両整備管理ソフトです。
 車両の受け入れ・点検・作業(整備)を支援するシステムです。 主な管理内容は下記です
  • 車両情報
  • 点検車検修理記録
  • リース記録
  • タイヤの保管
下記の帳票作成の支援を行います
  • 受け入れシート(点検前)
  • 車両チェックシート(点検前)
  • 作業指示書(点検用)
  • 指定整備記録(作業後)
  • 概算見積書(点検後)
  • 部品発注書(点検後)
  • リサイクルパーツ問い合わせ(点検後)
  • 作業指示・報告書(作業前)
  • 作業内容・使用部品・車両履歴(作業前)
  • 分解整備記録(作業後)
 社員10名程度で、1000~2000台程度の企業を対象にしています。

既設データ連携

 車両整備管理はデータ連携を前提したシステムです。
 既設のシステムから下記のデータの連携を行います
  • 顧客情報
  • 車両情報
  • 販売情報
販売情報は販売データの明細情報を取り込み、整備記録を作成します
  • 伝票番号
  • 作業コード
  • 部品コード
  • 数量
  • 商品名
  • 備考

自動車整備業の現状

 中規模の企業では自動車整備向けの販売管理システムを導入していますが、整備システムの導入は進んでいません。
そのため、
  • 営業機会を逃す
  • 事務作業に時間がかかる
などが発生しています


整備事務が40%アップ

 整備書類は法定書類などは定形用紙がおおく、手書き書類が多い。このシステムは、顧客・車両情報の手書きの40%減らすことができる。
 販売管理システムでは点検予定と実績のマッチングができないため、車両の整備予定と実績が手作業になる。このシステムは、資料作成時間を40%減らすことができる。
 手作業で行うと抜けが発生し、顧客が別会社で整備することが発生し売上が落ちるが自動マッチングするので抜けがなくなる。

中規模の車検整備業向けに特化した内容

  • 機能をトップページのメニューに配置、タブレットのタッチパネルでも操作しやすい
  • 非メーカ向けで、社員10名程度の整備工場向けのシステム
  • 弊社の他のファイルメーカー製品と併用して運用ができる
  • インターネット経由での社外からタブレットで顧客確認ができる

車両情報

車両・顧客情報 顧客・会社・顧客毎車両・車検の住所・連絡先などの個別の基本情報を管理する。
販売管理などのシステムとの連携可能。
車種情報 車両種類ごとの情報。車種の排ガス情報を管理する。
型式類別(車両)マスタと連携しデータを取得。
メンテ歴 車両の点検・整備・車検・オイル交換・タイヤ交換時の情報。メンテナンス時の走行距離やタイヤの情報を管理する。
販売管理などのシステムとの連携可能。
メンテカレンダー 車両の車検満了時・車種・用途から車検・点検スケジュールとメンテ履歴を月別に計算しカレンダー形式で管理する。
リース契約 リース車両の情報を管理する。
タイヤ保管 タイヤ(冬・夏)を保管サービス時の保管場所・本数などを管理する。

マスタ

車両諸元(型式類別)マスタ 車両種類ごとのマスタ。
主作業コードマスタ 車両の車検点検作業時のメインの作業のマスタ
作業コードマスタ 車両の車検点検作業時の作業のマスタ
部品コードマスタ 車両の車検点検作業時の交換部品のマスタ

帳票

受け入れシート(点検前) 車両の受け入れシート。車両状況や作業内容を最初に記入する。
車両チェックシート(点検前) 点検用のチェックシート。点作業時に車両の受け入れチェック内容を記入する。
作業指示書(点検用) 【定形】車両の作業指示書。車両情報を印刷。点検の結果を手書きする。
指定整備記録(作業後) 【定形】車両の指定整備用の記録用紙。車両情報を印刷。点検の結果を手書きする。
概算見積書(点検後) 点検・車検の概算見積書。点検後に作業内容から見積を行い金額を記入する。
部品発注書(点検後) 車両の部品発注書、点検後に必要な部品を記入する。
リサイクルパーツ問い合わせ(点検後) 車両の部品発注書、リサイクル業者への発注書。点検後に必要な部品を記入する。
作業指示・報告書(作業前) 車両の作業指示書。車両情報を印刷。実績を手書きする。
作業内容・使用部品・車両履歴(作業前) 整備用の記録用紙。作業中または作業後に内容を記入する。
分解整備記録(作業後) 【定形】分解整備用の記録用紙。作業中または作業後に内容を記入する。

画面サンプル

車両・顧客情報


車種情報


メンテ歴


メンテカレンダー


リース契約



タイヤ保管



車両諸元(型式類別)マスタ



主作業コードマスタ



作業コードマスタ



部品コードマスタ



帳票サンプル

受け入れシート(点検前)



作業指示書(点検用)



作業指示書(点検用)



指定整備記録(作業後)



概算見積書(点検後)



部品発注書(点検後)



リサイクルパーツ問い合わせ(点検後)



作業指示・報告書(作業前)



作業内容・使用部品・車両履歴(作業前)



分解整備記録(作業後)




サポート・指導について

ソフトウエアの導入にあたって下記のサービスをオプションで行います

  • 導入コンサルティング
  • 導入設定・マニュアル作成・導入研修
  • 保守サポート

技術仕様・サポートについて

必要なソフト

システムはFileMakerPro用のシステムです。
FileMaker Pro 19 Advanced、FileMaker Pro 18 Advanced、FileMaker Pro 17が必要です。
サーバ運用する場合はFileMaker Server 19、FileMaker Server 18のいずれかが必要です。
iPadで用する場合はFileMaker Go 19、FileMaker Go 18のいずれかが必要です。

サポートされる言語

日本語

オペレーティングシステム

  • Windows 10 Pro Edition 32 ビットおよび 64 ビット Fall Creators Update
  • Windows 10 Enterprise Edition 32 ビットおよび 64 ビット Fall Creators Update
  • Windows 8.1 Standard Edition 更新プログラム KB2919355 および KB2999226
  • Windows 8.1 Pro Edition 更新プログラム KB2919355 および KB2999226
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13

ハードウェアの必須条件

Windows

 CPU:1 GHz 以上の 32 ビット (x86) プロセッサまたは 64 ビット (x64) プロセッサ
 RAM:1 GB

Mac

RAM:2 GB

Microsoft .NET

Windows:Microsoft .NET Framework バージョン 4.6 以上が必要

選べる運用タイプ

スタンドアローン版とサーババージョン版があります。

  • スタンドアローン版
  • サーバ用LAN対応版
  • サーバ用WAN対応版
サーバ用WAN対応版はVPN機能等を活用し複数施設に対応します。