ファイルメーカーによるIoTモニタリング・解析

■製品の特長

 製造業のライン監視や稼働状況用のIoT製品が増えています。
 これらの機器の多くはデータ収集のみで、データの解析は別システムになります。
 IoTモニタリング・解析は、データのログを取り込みモニタリング、グラフ表示するパッケージです。

機器のモニタリング

  • 稼働LOGの取り込み
  • LOGの解析
  • 日別のLOG集計
  • 稼働状況の帯グラフ
  • グラフ化

機能概要

LOG取込  IOT機器からのデータを取り込みデータ化する
モニタリング  日別の稼働状況をモニタリングする
統計・解析  データのグラフ化統計処理を行う
カスタマイズ  グラフや統計処理のレイアウト・スクリプトを公開し、顧客のカスタマイズを可能します

画面サンプル

日別のモニタリング

稼働率のグラフ

日別のログ

技術仕様・サポートについて

必要なソフト

システムはFileMakerPro用のシステムです。
FileMaker Pro 17 Advanced、FileMaker Pro 16、FileMaker Pro 16 Advanced、FileMaker Pro 15、FileMaker Pro 15 Advancedが必要です。
サーバ運用する場合はFileMaker Server 17、FileMaker Server 16、FileMaker Server 15のいずれかが必要です。
iPadで用する場合はFileMaker Go 17、FileMaker Go 16、FileMaker Go 15のいずれかが必要です。

サポートされる言語

日本語

オペレーティングシステム

  • Windows 10 Pro Edition 32 ビットおよび 64 ビット Fall Creators Update
  • Windows 10 Enterprise Edition 32 ビットおよび 64 ビット Fall Creators Update
  • Windows 8.1 Standard Edition 更新プログラム KB2919355 および KB2999226
  • Windows 8.1 Pro Edition 更新プログラム KB2919355 および KB2999226
  • Windows 7 SP1 Professional Edition 更新プログラム KB2999226
  • Windows 7 SP1 Ultimate Edition 更新プログラム KB2999226
  • macOS Mojave 10.14
  • macOS High Sierra 10.13
  • macOS Sierra 10.12

ハードウェアの必須条件

Windows

 CPU:1 GHz 以上の 32 ビット (x86) プロセッサまたは 64 ビット (x64) プロセッサ
 RAM:1 GB

Mac

RAM:2 GB

Microsoft .NET

Windows:Microsoft .NET Framework バージョン 4.6 以上が必要

サポート・指導について

ソフトウエアの導入にあたって下記のサービスをオプションで行います

  • 導入コンサルティング
  • 導入設定・マニュアル作成・導入研修
  • 保守サポート
  • 教育プログラム

選べる運用タイプ

スタンドアローン版とサーババージョン版があります。

  • スタンドアローン版
  • サーバ用LAN対応版
  • サーバ用WAN対応版
サーバ用WAN対応版はVPN機能等を活用し複数施設に対応します。